鳥居キャノン発射

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MYノート

ラクガキ
---------------------------------------------------------------------
MY


○月×日

お姉ちゃんがいきなり家族が増える、と言った
お姉ちゃんも邪魔なのにこれ以上増えるなんて

嫌な予感がする…
そう思っていたら、うちに月のお姫様がホームステイに来る…と、お姉ちゃんの口から信じられない言葉が飛び出した
お兄ちゃんの貞操の危機だよ・・・!

お姫様をOTO(お兄ちゃんに・近寄る・女)危険度Aに指定



○月×日

妨害工作も虚しくお姫様がホームステイに来てしまった
黒髪のショート、可愛いものの胸もわたしより小さく
バニーニと聞いて小動物を連想して喜びそうな……幼女、これならお兄ちゃんも大丈夫☆

OTO危険度A→Eへ…そう思ったとき、ドレスを着た女の人が アラワレタ

-ドクン-

妹としての本能が告げる、これは生かしておくべきモノではない、と。
OTO危険度AAAに指定すると同時に
スカートの中に隠してある妹包丁
(妹専用装備/お兄ちゃんを狙う女を一撃で倒せる、二次元でのみ効果発動なのでお子様も安心して使える)に
手を伸ばすものの、お兄ちゃんの目の前なのを思い出して、動きを理性で止める

大丈夫、チャンスはこれからいくらでもある……いくらでも
包丁を握る手が、力のあまり白くなるのは抑えようがなかった

幼女 危険度E
姫  危険度AAA(過去最高)



わたし「あ、お兄ちゃん。わたしお茶用意してくるね」

わたしは台所に行きお茶の用意をする
急須、湯のみ、お客様用の玉露、適度に汚れた雑巾←New!

お姫様の湯のみには雑巾(お姫様が来るからと家中を磨いた一品)のしぼり汁を加える
大丈夫、緑茶の渋みが全てを包んでくれる……、自然と笑みが浮かび 言葉が漏れる

-たらりらったら?♪-


わたし「お口にあうかわかりませんが、どうぞ」

お姫様「ありがとう……(こくこく」

わたし「……」

お姫様「うん、とても美味しいわ。」

わたし「えへへー」

お姫様「この種類のお茶は初めて飲んだのだけれど
     いつもミアが入れてくれるお茶とどこか同じ味がして、とても飲みやすかったわ」

わたし「!?」

慌ててミアと呼ばれた幼女を見たが、特に変わった様子もなく微笑んでいた

わたし「……(考えすぎだよね、まさかメイドがお姫様のお茶に雑巾の……なんて)」


ミア「姫様、お代わりをご用意しますね。麻衣さん、台所の使い方を教えていただけますか?」

お客様なのに、お茶の用意をしようとするあたり流石はお姫様のメイド。
とてとて、とわたしの横にミアがきた時…

ミア「ヒュー♪(口笛」

わたしだけに聞こえるように小さく口笛を吹いてみせた
やっぱり……ミアも雑巾の絞り汁を・・・!

ミアを危険度Eから危険度Aに変更する
OTOとは別の危険度なら姫様よりもこちらが上かもしれない…

コメント

続きが気になる!

是非とも!!続きをお願いします!!

>まあさん・祥さん

ありがとうございます
勢いだけの文章で申し訳ありませんが、また機会があれば続きを…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://imouto.blog66.fc2.com/tb.php/747-a14d3b9c

 | HOME | 

過去ログ

○過去ログまとめ○
-おすすめ-
●まじこい元ネタまとめ
●真・妹リスト[2周年記念]
●主人公リスト[10万HIT記念]
●オーガストネタまとめ

WEB拍手

意見・感想・情報、なんでもどうぞ
押すだけでも私の元気がでます

カウンター

月別アーカイブ

諸注意

鳥キャではオーガストCircusアリスソフトねこねこソフトキャラメルBOXTYPE-MOONPULLTOPLeafういんどみるRuskコットンソフトみなとそふとなどの画像素材を加工・引用しています、これらの著作はそれぞれの会社にあり、またそれらの素材を他へ転載することを禁じます

その他

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。